アラフィフでもあきらめない! マイルや美白や日々のあれこれ。

離婚を考えた時どこに頼りますか?

こんにちは。 エリです。

なんだか重いタイトルですね^^;

今回のエントリーはプチ稼ぎやマイルとは全く違う内容ですのでご興味・ご関心のない方はここでUターン願います。

 

 

プロフィールではサラッとしか触れていませんが私はバツイチ前提で長期別居中です。

理由は本当にたくさんありますが、ギャンブル、女性問題がメインでした。 もはや病気のように、どれが本当でどれが嘘だかわからないくらい嘘ばかりで疲れました。

カードローンをいくつも重ねて。 あるカードは使うごとにハガキで明細が届くのですが、それこそ毎日のように1万、2万。。7万!(おい1日7万てなんだよ!)(失礼)という明細のハガキが届きました。 一か月に20万近くはギャンブルに使っていたようです。

家のローンを払い始めて7年後くらいに発覚しました。 それからは夜中に飛び起きて、この家を出て行かなければならないかもしれない? 子供もまだ小さいしどうしよう。。と眠れない夜をいくつも過ごしました。

 

まだ下の子が小学生だったころの話です。 今ではもう19歳。不登校になり今でもちょっと苦労していますが、旦那がいたころを思えば、全然背負えます! どんどん増えていく借金の恐怖を思えば、数ある女性問題もかすみましたw

 

今まさに状況は違えど、同じような辛い思いを抱いている方が他にもたくさんいると思います。 何か一つでも参考にしていただけることがあるかもしれませんので当時の自分が考えてきたことをシェアしたいと思います。

 

離婚を考えた時最初にしたこと

 

離婚を考えた時に、家のこと、親権のこと、借金のことなど事前に考え準備しなければならないことも多いです。

でも私がまず一番最初にしたことは、「離婚の不受理届」を役所に出すこと。

当時女性のところに入り浸り、ほとんど帰って来ず(義理の父はその頃末期がんとたたかっていました。)突然離婚届をFAXで送りつけてくるような人でしたから。。

いつ何時勝手に離婚届を出してしまうかわからないと感じていました。 でも彼にも子供への責任があります。 勝手に自由になり、「あとは知らないよ」にならないようにきちんとした形で手続きが踏めるまでの間と思い届けを出しました。

離婚の不受理届」が出されていると、勝手に体裁を整えた「離婚届」を出されても受理されません。 離婚届が受理されるようになるのは申出人の私が「不受理申し出の願い下げ」を出してからになります。

期限も決められていません。 申し出をしてから願い下げを出すまでが期限です。 本人を証明できる書類と印鑑が必要になります。

 

法律の知識を得る 相談する

 

子供がいたり、自分自身に充分な収入がない場合は少しでも有利な条件を得て前に進みたいですよね。 役所や地域のなどの無料相談は上手に使うべきだと思います。

ただ弁護士さんも人ですから、相性もあるし「あまり話を聞いてくれない。」という声も聞いたこともあります。 時間が限られていますからね。。30分程度である程度のアドバイスをするとなれば、 手早く状態を聞き出すことも必要になると推測できます。

なので相談に行く場合は少なくとも

  • どんな内容を聞いておくべきか自分の中で整理・メモしておく
  • その中でもピンポイントで「これだけは」という質問は書き出す
  • 浮気の証拠になるもの、借金の控え等証拠になるものは一応用意しておく
  • 離婚したいのか、やり直ししたいのか方向性も決めておく

のようなことはしておくといいと思います。

もう少し踏み込んで話を聞いて欲しい、いずれは本格的な裁判も考慮の中にある、ならば「法テラス」へ。 弁護士の方が無料で相談にのってくれます。

私は慰謝料のことなどが気になっていたので詳しく教えてもらいました。 その先に進む(裁判)ならそれらの手続き、弁護も請け負ってくれます。 それはもちろん無料ではありませんが。。 基本的なことを知っておきたいときには強い味方です。 知識はあった方がいいですよね。

DVやモラハラなら考えてるひまはない。

ちょっと話はズレますが一つだけ。。DVやモラルハラスメントに苦しんでる方は悩んでいる時間はもったいないです。 早く助けを借りて離れて下さいね。 役所の支援センターや福祉課、必ずどこかに窓口があります。 その時はアドバイスを受ける程度だったとしても、のちに裁判所に保護申し立てをする場合には、警察または公共の窓口に相談したことがないとできない場合があるそうです。 家族、親戚、頼れる友達に協力をお願いしてもいいと思います。

 

結婚調査
 

 

もし参考になったらお願いします。

にほんブログ村

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。